絶対に誰にも譲れないものなら諦めるな


by zyakuuru212
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

12/12(水) 日記

今日は・・・普通の日だった!
・・・あ、部活、いつもはグラウンド使えないのに今日は使えた!
って、忘れてた!
そういえば今日、家に財布とケータイを忘れた。。
そういう状態で一日生活してみて分かったことは、
『その二つはそこまで必要でもない!』ってことだった、いい収穫だ。
今さっきまでMr.インクレディブル見てた
いやぁ、おもしろかったな。
明日はヤラナイカ踊るのかな?



          12/12(金) 天然 パーマ
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-12-12 23:50

12/11(木) 日記

今日でテストが終わった!
あとは冬休みを待つだけだ!
いつもは部活定休日なのに3日後に試合があるから部活があった。
でもテスト終わりということもあって軽めだった。
その後はカラオケに直行!
採点の「紅白歌合戦」とかいうのをやってた。
そして帰りにまた新しい本を買ってしまった・・・今月ピンチなのに・・・。



               12/11(木) 天然パーマ
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-12-12 23:32

12/10(水) 日記

ラガさんに便乗して記事を書こう!・・・と思ったんだけどネタがない。
そうだ、日記でも書こう、日記!




今日でやっとテスト4日目が終わった
残るはあと一日だ、頑張ろう!
そういえば爪が伸びてきたんだった、この記事を書き終わったら爪を切ろうっと・・・
続いて髪も伸びてきたんだった、忘れてた
てか髪切ろうと思ったの一ヶ月前じゃないか・・・
今週の金曜にでも切りに行くかな(´∀`;)

今日は教授と幸楽苑でらーめん食べてきた
そのあとはコミセンでヤラナイカ踊ってたんだZE☆
最初は「なんだよこれ・・・阿部さん間接おかしいだろ・・・」とか言ってたけど、
今はフリも覚えて、細かい部分の修正にまで入ってる!
それにまた懐かしいメンバーに会えるし、一石二鳥なのかな?
これが終わったらニコニコ動画流星群とか歌ってみたいなー
僕、音痴だけどガンバりゃなんとかなるさー
合唱【俺らで】ニコニコ動画流星群【歌ってみた】
どうさ!?www

今日でやっと塾の振替がおわった・・・
これで少しは楽になる~~
てかバンドとかどうなるのかな・・・って、
まずは僕のやるべきことやってからじゃないとそれどころじゃないな
早めにぱっぱと終わらせちゃおうっと!





           12/10(水) 天然 パーマ
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-12-10 23:53

ソンザイリユウの求め方

メモ帳形式でここを使うのって悪くないと思う!
っていう挨拶からはじめようか、テンパです。

所詮インターネット、されどインターネット。
これって意外と役に立ってるんだよね。
確か神奈川行くときとかもここで知らせてた気がするもの!

ところで最近毎日がつまらないよ。
いや、悪い意味じゃなくて、平凡すぎるってことだい。
チャレンジャー精神・・・とか言ってたよね、僕www
厨二病とかかもしれないけど、あの時のほうが僕は良かったなー。
え?パソコンの前の君も、そうなの?
ねーよなwwwwwwwwwwwwwwwwwww
なんか最近さ、高校の友達が急に、
「ラジオやってみようぜ!」とか言い始めてさ。
なんか懐かしい感じがしたんだよなー。


でもまあ、「昔は良かった」って言うようになったらもう駄目らしいよ。
だから今から何かやってみようかと思ってるんだけどさ、なんも思いつかないんだ。
なんかないかな??

本当はリアルでこういう話したかったんだけど、あんま会えないからさ・・・。
どうかな!?
え・・・?僕?
僕は・・・もう前みたいに思いつかなくなっちゃって・・・;

ただみんなで歌とか歌ったら面白そうだな、って!
前に音楽室行こうとか言ってたじゃん!
まあ、それくらいかな。
なんかあったら、コメント頂戴ね。
・・・え?メールでもいいか、って?
全然いいよ、うん!
じゃ、またねー。
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-11-16 23:00
朝起きるといつもどおりの一日が始まる。
どたばたとした朝。
急いで朝飯を口の中に押し込み、制服に着替えて家を出る。
空には黒い太陽が昇っている。
・・・なんだろう?
悩みつつも自転車をこいで、学校に着く。
席について「ふうっ」とため息をついたところで、先ほどの太陽の問題に取り掛かる。
「あれ・・・なんだろう。」
友達に聞いてみた。
「・・・?何が?」
友達はとぼけた顔で問い返す。
「だから・・・あれ?」
いつもの太陽だ。
ふつうの、まぶしい太陽だ。
「あー・・・、ゴメン、寝ぼけてたみたい。」
そのときはまだ本気で気にしてはなかった。
いつもの太陽だったから。

一時限目の途中、また異常に気づいた。
また太陽が黒くなっている。
みんなに聞いてみよう。
僕は机の中でケータイを開いた。
新規メール作成・・・仲間(変人)・・・
・・・・・・・・・!??
ない。
アドレス帳にみんなの名前がない。
他の元中の人のアドレスはあるのに、みんなのがない。



キーンコーンカーンコーン・・・
起立、礼、着席。



僕はもう一度友達に聞いてみた。
「ねえ、あれ、どう思う?」
太陽を指差して言った。
「確かに今日は冬にしては暑いかもな。」
・・・やっぱり。
気づいてないんだ。
僕だけしか気づいてない。




その日は体調が悪いといって、早退した。
帰り道にサダやラガさんの家に寄った。
・・・違う。みんなの家じゃない。
家の形はいつもどおり。
ただ・・・名札が全く違う。
僕はすぐさま家に帰った。
そしてふと机の上の卒業アルバムを開く。
・・・いない。みんながいない。
どうして。
黒い太陽は死ぬまで僕の上に照り続けた。
冬にしては少し暑い日差しだった。


















・・・っていう夢を見た。
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-11-16 12:10

友の声

「危なかった・・・か。」
まるで剥製のように静止した猿を前に、パセリはため息をついた。
額の汗を拭うと、呟いた。
「次は・・・お前か?猫。」
「ほう、ばれていたとは。」
喫茶黒猫の壁からワームホールが出現し、ゾゾ、mono、紅が姿を現す。
「mono、紅?救出に行っていたのか。」
パセリの問いにゾゾはこくりとうなづく。
「雑魚共が何匹集まろうと・・・とはいっても先ほどは流石にまずかったからな。」
パセリは腕を前にかざす。
その腕からは血がぽたぽたと垂れる。
「わたしも本気でいくとしようか。」

「ねえ!ねえゾゾ!!!」
赤い部屋の中に紅の声が響く。
目の前には原形をとどめていない生物の死体があった。
目は崩れ落ち、尻尾は切り裂かれている。
紅はぞっとした。
・・・次はうちの番だ、と。
「よく分かったな。」
「・・・!!!!」
紅の背後から、パセリの声が。
死んだ。もう駄目だ。
そう思ったとき、目の前にワームホールが現れた。
その中から伸びる腕。
「mono!!」
紅はその腕にしがみついた。
やがてホールは紅を包んで消えた。
「・・・ふん。」

「よか、った、紅。」
monoはそう呟いた。
だが、少し様子がおかしい。
息が荒く、言葉も途切れ途切れに聞こえてくる。
紅は、暗いワームホールの中、目を凝らしてmonoを見た。
やがて目が慣れ、だんだんとmonoの顔が見えてくる。
「・・・!!!!」
傷だらけだ。
顔の皮膚は削げ落ち、赤い肉があらわになっている。
そして片方の目は、ゾゾと同じく、ずり落ちていた。
「・・・mono!!だいじょ・・・」
――――ボトッ。
今まで紅がつかんでいたmonoの右腕は、肩からスパッと切れている。
「~~~~~~!!!!!!!!!」
紅は、悲鳴にならない叫びをあげた。
だが、monoはいつになく冷静だった。
「だい、じょうぶ。ぼく、は、だいじょ、うぶ。」
紅はもはや、友達であるmonoに恐怖すら感じていた。
「いま、は、こん、な、かっこうだけ、どね。こ、わい、でしょ。」
その瞬間、紅の目からぶわっと涙があふれ出た。
“monoが、護ってくれたんだよ”
自分に言い聞かせた。
“monoは、こうまでなってうちを助けてくれたのに”
「・・・・・・・・あ゛りが・・・どう」
とまらない涙を抑えに抑え、やっと出た言葉だった。






From tempa@tempa.co.jp to 教授
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-11-03 08:52

最期の言葉

From教授toテンパ

「僕が・・・止める!」

全身に風をまとっている少年。

彼のいつもの曲がり髪は、一直線に伸び、面影すら感じさせなかった。

「ほう、お前が?」

「うん、君を止めなきゃ、だめだ。」

「なら私を殺す?」

「多分ね。」

ぱせりは少し間をおいて、教授に貫通したほうの手を引き抜いた。

教授は床へごろりと転がる。

「ん、テンパか。」

そうつぶやいてほしいが、もうその口は動かない。

・・・そう、もう、会えない。

「こいつみたいになりたいのか?」

「・・・うん。どうせなら、死んでもかまわない。でも、君は許さないよ。」

腕に纏った風を、平たく、鋭く尖らせる。

そして勢いよくパセリへ振りかざした。

「・・・。」

だが、今のパセリにかなうわけもなかった。

風はすべてパセリの手に吸収される。

「冷静に考えればわかることだったなあ。」

がくりと膝が地面に落ちる。

「教授がかなわないんだもん。かなうわけないや。」

「ものわかりがいいな、お前。」

パセリが近づいてくる。

でも足が動かない。

動いても逃げれないのはわかっていた。

だからこそ冷静に死について考えていられた。

できれば老衰で死にたかったなあとか、

まだ死ぬ歳じゃないだろーとか、

・・・まだ死ぬ歳じゃないだろー常識的に考えて(・ω・`)

懐かしい。

気づくとパセリは目の前に。

「今まで、ありがとう。楽しかったよ。」

考えずに出た言葉だった。

パセリは驚いたことにうなづいた。

「あたしも。」

ほっとした。最期の最期だとわかっていても。

そのとき風が教えてくれた。

“耳をふさげ”

僕は最期に自分で耳を抑えた、目いっぱい。

「・・・なんて言ってもらえると思ったか?死ねよ。」

一瞬にして、部屋一面が赤く染まった。







Fromテンパtoスペシネフ
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-11-02 13:59
やあやあ、久しぶり、天パだよ。
なんか早速なんだけど、小説ちょっと待っててww
2話消しちゃったせいでめっちゃ萎えてるww
って見てる人いねぇかwww
ところで、みんなブログ崩壊フラグたちまくりじゃねぇっすか?
こんな僕でもブログ回ることに関してはいつもどおり行ってます><




まぁ、それはさておき。

微妙に懐かしい写真発見したww

f0029882_23245773.jpg


これなんて宗教?

今更だけど、なんだかんだいってこういうとこだけは子供だよなww

これからも多分こんな感じの付き合いを望んでるのかも知れない16の夜。
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-10-20 23:00

ドラクライフ

正義のみた・・・味方っ!!テン パー マン!!\(´゚∀゚)/
こんばんわ。なんだか眠いっす。
って、もう12時やないか~~い、HAHAHAHAHA!!!
・・・はぁ。小説止まっちゃった・・・(´・ω・`)
ってことでポジティブな僕は小説書いてみた。
きっとリレー小説のほうも続くよね?よね!?
ってことでそれを信じて、こっちで腕をなまらせないぞぉ。
もとから腕ないけどNE!(コレ禁句











北の玄武

南の朱雀

西の百虎

東の青龍



「まだ機械といった機械も発明されていない時代、カラフト大陸には4つの神がいた。

 それぞれが力のバランスを保ち、カラフト大陸を天災から護っていた。

 だが、カラフト大陸を襲うものは天災だけではなかった。

 人間である。

 大陸同士で繰り広げられる戦い。

 しかし、カラフト大陸の長はこの戦いにを終わらせる方法を知っていた。

 それはカラフト大陸にまつわる伝説・・・。」

『神の力及ばず

 たとエすべてが滅びようトモ

 神々を連れタ少年がワレラヲみチビキ

 コのタイリクと

 スベテノ民ヲスクウデアロウ』

―――天災を抑えるには神の力を。

―――人災を抑えるには我らの力を。

―――そして長は伝説を信じ

―――少年を神の使いへと向かわせたのだ。









少年は果ての無いかのような広い砂漠を横断していた。
彼の名はシキ。
幼き人間は世界を救う。そんな伝説が彼らの大陸には語り継がれているらしく、村の長に神の使いとして旅に出されたのだった。
「あちぃ・・・。」
そう呟いても返ってくる言葉は何も無い。
ただシキは、足を前へ前へと運ばざるを得なかった。
ふと喉が渇いて水筒を逆さにしてみるが、予想通り、一滴の水が落ちるだけだった。
その水が落ちた瞬間、突如地面が揺れ始めた。
「じ・・・地震!?」
シキは必死で地面にしがみついていた。
やがて揺れも収まってきて、ようやくシキは立ち上がることができた。
そして、顔を上げた瞬間、気づいてしまった。
「・・・す・・・砂狼!!」
自分の身長をはるかに超えた狼。
その口からは白い牙がちらついている。
「あ・・・ああ・・・・・・。」
腰が抜けて動けない。
砂狼なんか、子供が太刀打ちできる相手じゃない。
大人数人だって何人負傷するか知れたもんじゃない。
シキは、とにかく逃げた。
砂漠の果てに逃げたって助かる気はしなかったが、とにかく走った。
もちろん、砂狼もそれを追ってくる。
シキと砂狼、二人の距離はだんだんと縮まってくる。
それはまさしく恋愛。違うわ、ボケ。
そしてとうとう砂狼の射程範囲内にシキが入った。
砂狼はその細いながらも強靭な足に力を入れ、めいっぱい跳んだ。
シキに砂狼の影が重なる。
「もう駄目・・・だ。」
大抵、この辺りで正義のヒーローとか仲間とかが駆けつけて助けるっていう展開になるが、この物語でシキを助けたのは、
そんな小っこいものじゃああなかったッッ!!!(ジョジョ風に
砂狼の何十倍もの大きさの巨体。
砂狼の何十倍もの大きさの牙。
砂狼にはなかった、大きな翼。
「・・・ドラゴン。」
ドラゴンは、尾を一振りし、砂狼を吹き飛ばす。
だが、砂狼も獣の端くれだ。
すぐに体制を立て直し、飛び掛ってくる。
すかさずドラゴンは、シキをつまみ、自らの背中へほうりなげた。
「・・・あべし!!」
そして翼を上下に羽ばたかせ、
「つかまれ、少年よ。振り落とされたくなければなあ。」
そういうと、砂狼よりもワンテンポ早く、地面を蹴った。
















・・・うっひゃぁ。
そういえば容疑者Xの献身が見たいんだぜ。
MAKOでも誘って行くかなァ。
そして私はなんて元気なのでしょう。
何にも良いことないけど、悪いことないからHAPPY。
そして日本全国にHAPPYと平和・・・ぴ、PEACE(?)が来ることを祈ってます☆
そんな天然パーマがお送りいたしました......〆(・∀・*)
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-10-12 00:12

「語ろうか」

今気づいた。

高校生って楽しいんじゃね?
[PR]
# by zyakuuru212 | 2008-10-05 23:36